ラクスルの評判を徹底検証!

印刷業界とラクスルの評判

印刷業界とラクスルの評判1

 

印刷業界と言えど大きく分けて2種類が存在し、誰もが利用しやすいように安さを売りにして、ネットで簡単に印刷が出来るようなブローカー、ようするにラクスルです。
そして印刷を本職とする企業、「大日本印刷」「凸版印刷」などの印刷会社、ラクスルとの提携印刷会社2,000社以上も含む約3万社が存在します。

 

この2種類のがありますが、印刷を本職とする業界について述べると、ここの業界は未だに売り上げは、6兆円ほどあり大きな市場です。

 

インターネットの普及や文書の電子化、ペーパーレスの時代の流れによりだいぶ縮小されたとはいえ、まだまだ印刷が必要な業界も多く有り今後は、更に縮小されるとは思われますが、完全に「ゼロ」にはならない事でしょう。

 

そしてこの業界の売上6兆円の半分ほど3兆円位は、「大日本印刷」と「凸版印刷」が独占状態なり、3位以下を大きく突き放しています。

 

このような「大日本印刷」と「凸版印刷」の2強とその他約3万社の構成は昔から続いていて、今後の印刷業界でもこの構成は崩れる事は無いと思われます。

 

このような形態になる理由として、印刷と言うものは、印刷会社が独自のサービスを行って集客するというよりは、お客から仕事を貰ってより安く、納期通りに納品されるか(ユーザーの希望通りの商品が正しく収まるか)で決まる要素が強い業界です。

 

そして印刷は版を使用し繰り返しの印刷が多くなるなるので、同じ版を繰り返し使用し同じ品質の印刷物が出来るというメリットがあります。
また版代の事を考えると、他で新規に頼む事はコスト面から見て不利りになる事が多く、新たに印刷を頼む事が難しくなります。

 

このような事から、一度顧客をつかむと他へは頼みづらい環境が整う為、新たに新規印刷会社が入り込む隙間も少なくまた「大日本印刷」と「凸版印刷」の2強の構造は崩れる事が無いと思われる理由でもあります。

 

ですから他の約3万社は、非常に苦しい状況で運営をしている事が想像できるわけです。

 

そこへ目を付けたのがラクスルで、印刷業界をリノベーションで評判を得た企業でもあります。

 

6兆円の半分約3兆円の規模

 

残り3万社といえど、6兆円の半分約3兆円の規模があります。

 

その大部分の企業は印刷機を眠らせている時間が多く、出来ればフル稼働させたいとう思いがあります。

 

印刷機は、非常に高価なものですから、動かさずにいる非稼働状態では勿体なく、いつまでたっても償却できませんので印刷会社はは印刷機をフル稼働させた方が効率が良いのです。

 

ラクスルは、この印刷業界の隙間を突き、そのような会社と次々と提携を結び、稼働させる為に仲介ブローカーとして立ち上げた会社です。

 

この構造により、印刷会社は印刷機を稼働させる時間が増えラクスルは仲介料を貰うとう形ができあがりWIN-WINの関係が出来上がっています。

↓思いを形に↓

ラクスル詳細


トップページ 印刷業界のラクスルとは ラクスルの安さの秘密 ラクスルの歴史 ラクスルの注文方法